ホットヨガはおすすめ!一度は行ってみるべき?

ホットヨガをする女性

ホットヨガは、名前の通り熱い場所でヨガをすること。室温39度前後で湿度約60%前後のスタジオでヨガを行います。

この室温は、身体を最も柔軟にするとされる温度であり、サウナのように多湿である環境が発汗を促します。

そのような状態でヨガを行うと、通常のヨガよりも身体が伸びやすくなるので、無理なく身体を伸ばしやすくなります。

それによりインナーマッスルを鍛えることができるなど、様々な効果を得ることができます。

そして、普段汗をかかない人でも汗をかきやすくなるため、それにより代謝がよくなります。

一般的にホットヨガは、インストラクターによる一定時間のレッスンを受けるかたちで行います。

そのレッスン内容やスタジオの温め方は、ホットヨガ施設によって様々ですので、ご自身の体質やお好みで施設を選ぶといいでしょう。

ホットヨガなら体を動かしやすい

体が固いからホットヨガはできないと思っていませんか。しかし、体が固い人でもホットヨガはできます。

その理由はいくつかあります。

まずは高温多湿な環境で行うことです。

冬場など体が冷えていると体を動かしにくく感じることがあります。手がかじかんでボタンをうまく止められない、普段よりも体を伸ばしにくい、そんな経験があると思います。

気温が低いと筋肉が冷えてしまい、筋肉が冷えることによって動かしにくくなってしまうのです。

ホットヨガは室温39度前後、湿度55~65%ほどの環境で行うことが特徴です。室温も湿度も高い環境では体が温まりやすく、筋肉も温まります。筋肉が温まることで体を動かしやすくなるため、体が固い方でもホットヨガを行いやすくなるのです。

このため、通常のヨガに比べてホットヨガは体が固い方でも行いやすい運動だといえるでしょう。

私が通っているカルド

ホットヨガをする女性
(引用:ホットヨガ吉祥寺ナビ

私が通っているホットヨガスタジオのカルドは、空いた時間に気軽にホットヨガできます。

週40本以上の多彩なプログラムが予約なしで受講可能です。

60分クラスでは、26のポーズを一回づつ行います。90分のクラスでは、同じ26のポーズを2回づつ行います。

室温は最高40度まで上がります。
まるでサウナの中でヨガをやっているようです。汗でずぶ濡れになります。

一度プールの中にダイブして、上がってきたくらい、汗だくになります。

だた、いきなり40度でスタートするのではなく、徐々に温度を上げていき、終盤は徐々に温度を下げていきます。

スタジオを出た時にあまりに温度差があるとそれはそれで危険なので。